今回から始まった極力努力しない?小達プロの飛ばしのレッスン。トレーニングなどではなく、現状持っている飛ばしのポテンシャルを最大限に発揮するお手軽かつ、効果的なレッスンだ! 初回は、「何事にも準備は大切」なセットアップとティアップ。飛ばせる構えを身に付けよう!

小達敏昭「飛ばすための日々の努力はストレスだ」ステップ1

エネルギー効率の良い飛ぶ弾道を打つために飛ばせるアドレスが大切だ

 皆さんこんにちは。プロゴルファーの小達敏昭です。今回から始まった飛ばしのためのレッスン企画、普段から私が実践している事やレッスンで教えていることを交え、皆さんの飛距離アップに貢献できるように有益な内容にしていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

 早速ですが、飛ばしのために必要なことはクラブをスムーズに振り抜く事。そして効率よくボールにエネルギーを伝えられる形でインパクトを迎えることです。そのためには、正しいセットアップによるアドレスとティアップのボール位置が重要になってきます。どんなにヘッドスピードが速くても正しいスイング軌道でインパクトを迎えられなければ、ボール初速やバックスピンが適正な値にならず、飛距離ロスに繋がってしまいますからね。言い換ると、飛ばせるアドレスが身に付けば、スムーズにクラブを振り抜くことができ、適正なインパクトで効率よい飛ぶ弾道を打ちやすくなります。

画像: 飛ぶ弾道を打つには飛ばせるアドレスが大切です! Photo by 姉崎正

飛ぶ弾道を打つには飛ばせるアドレスが大切です!

Photo by 姉崎正

現在のドライバーにはフックグリップ、つま先をハの字に開くアドレスがマッチする

 最初にチェックしたいのがグリップと足の形。
現在のドライバーはヘッドが大きく、昔と比べてヘッドターンが穏やかになっています。グリップがスクェアだとテークバックでフェースが開きすぎてしまうことがあり、一度大きく開いてしまうとインパクトでスクェアに戻せなくなってしまいます。
開きすぎを防ぎ、振り遅れにくくするためにもフックグリップに慣れておきましょう。目安としては左手の甲が2/3程度自分が見える程度です。
いきなりフックグリップにして違和感がある方は、右手だけでもやや下から握るようにするだけでも効果がありますので是非試してみてください。

画像: 現代のドライバーに合わせた構えが効率よい飛ぶ弾道を打つために重要です。特にグリップはややフックに握ることが現代のドライバーにマッチします。 Photo by 姉崎正

現代のドライバーに合わせた構えが効率よい飛ぶ弾道を打つために重要です。特にグリップはややフックに握ることが現代のドライバーにマッチします。

Photo by 姉崎正

 アドレス時の足の形は、軽くハの字に開いて構えましょう。そうすることで体の可動域を広くすることができ、スムーズに動かしやすくなります。

スムーズな体の動きを実現するための構えは「下目使い」

 次に飛ばせるアドレスの形からご説明しましょう。
飛ばせるアドレスとは、体がスムーズに動かせるアドレスの事です。当たり前に聞こえるかもしれませんが、意外とできていない方が多いです。

意識すべき点は背骨と首。股関節から前傾姿勢を取った時に、背骨と首を真っ直ぐにするイメージを持ってください。そうすることで捻転がスムーズにしやすくなり、クラブを振り抜きやすくなります。
構えた時に、ボールを顔の正面で見ようとすると、首が下を向きやすくなるのでボールの1m先を見るような角度で構え、ボールは目線だけを下げるような形で見ると背骨と首が真っ直ぐになりやすいです。

画像: 背骨と首を真っ直ぐにする様に構えるとスイング中、体がスムーズに動きやすくなります。この構えのコツは、目線をボールの1m向う側を見るようにして、ボールは下目使いで捉える事。そうすれば背骨と首が真っ直ぐになりやすくなります Photo by 姉崎正

背骨と首を真っ直ぐにする様に構えるとスイング中、体がスムーズに動きやすくなります。この構えのコツは、目線をボールの1m向う側を見るようにして、ボールは下目使いで捉える事。そうすれば背骨と首が真っ直ぐになりやすくなります

Photo by 姉崎正

左足かかとは昔の理論。ドライバーが長くなっている分左に

 ドライバーでのボール位置は、肩幅に開いた足幅に対して左かかと線上が一般的とされていますが、この考え方は昔のクラブが短かった時代の理論で現代では当てはまりません。

ドライバーの長さが長くなった現代ではボール2個分ぐらい左が適正になります。それぐらいにセットしないとスクェアに戻すのが難しくなります。
またボールが真ん中寄りにあると、インパクトでダウンブローの傾向が強くなり、バックスピンが増えてしまいます。ドライバーで効率よい弾道を打つためには、ボールを高く打出し、スピンを抑える必要があります。その弾道を実現するには、ややアッパーブローのインパクトがベストです。そのアッパーブローのインパクトを実現するためにも左足つま先の線上にボールをセットするクセをつけましょう。

このボール位置に慣れたらアドレス時に気持ち体の軸を右に傾けて構えましょう。そうすることでよりアッパーブローのインパクトを作りやすくなりますよ。

画像: 左足かかとは昔の理論。ドライバーが長くなっている分左に
画像: 現代のドライバーに適した高打出のインパクトを実現するには、セオリーとされる左かかとよりやや左寄りにする必要があります。そのボール位置に合わせてアドレス時にやや体の軸を右に傾けると自然とアッパーブローで打てる飛ばせるインパクトを実現する構えになりますよ Photo by 姉崎正

現代のドライバーに適した高打出のインパクトを実現するには、セオリーとされる左かかとよりやや左寄りにする必要があります。そのボール位置に合わせてアドレス時にやや体の軸を右に傾けると自然とアッパーブローで打てる飛ばせるインパクトを実現する構えになりますよ

Photo by 姉崎正
画像: 小達 敏昭(おだて としあき) 10歳からゴルフを始め、アマチュア時代から活躍し、1991年よりツアー参戦。 その類稀なる飛距離を武器に1993年ヨネックスオープン優勝。2001年JCBクラシック仙台と2勝を挙げ、ドラコン競技にも出場し10勝以上を記録。 後に、内藤雄士、ジム・マクリーンの下でスウィング理論を学び、ツアーで培った経験をもとに独自の理論を築く。 現在は銀座にて「小達敏昭銀座ゴルフクリニック」を設立し。少人数性でレッスンを行っている。

小達 敏昭(おだて としあき)
10歳からゴルフを始め、アマチュア時代から活躍し、1991年よりツアー参戦。
その類稀なる飛距離を武器に1993年ヨネックスオープン優勝。2001年JCBクラシック仙台と2勝を挙げ、ドラコン競技にも出場し10勝以上を記録。
後に、内藤雄士、ジム・マクリーンの下でスウィング理論を学び、ツアーで培った経験をもとに独自の理論を築く。
現在は銀座にて「小達敏昭銀座ゴルフクリニック」を設立し。少人数性でレッスンを行っている。

This article is a sponsored article by
''.