中井プロにティグラウンドからグリーンまでを通してアドバイスをいただいたこのコラム。すべて実践できればスコアアップ間違いなし!
今回は総集編として状況別の核となる部分を簡単にまとめてお届けしよう

ティグラウンドでは曲がる方向に合わせて対角線を意識してティアップしよう

ティアップポジションをミスの傾向に合わせて構えればOBを減らせます。スライス傾向の強い方なら、ティマークの右側寄り、フック傾向の強い方ならティマークの左側寄りといった感じ。そうすることでコースを広く使えるので予想以上に曲がってもOBの確率を減らすことができます。

対角線上にボールを打ちだすことでコースを広く使うことができます

打つべき番手は、ライを確認してから決めるべき

多くの方が残り距離だけで番手を決めてしまう場合が多いですが、ライの状況によって打てる番手が大きく変わってきます。ボールがどれだけ沈んでいるのか、芝目の向きは順目か逆目かを確認してその状況を踏まえてから残り距離を計算し、番手を選ぶべきです。大きく沈んでいたり、逆目だった場合は、番手通りの飛距離を打つことが難しくなるのでしっかり手前に刻む番手に持ち替えましょう。

短い番手の方が、重さがあるので芝に負けにくくなります。

画像: 打つべき番手は、ライを確認してから決めるべき
画像: 芝目が逆だとシビアなライになる

芝目が逆だとシビアなライになる

2枚の写真は、同程度ボールが見えていますが、ライとしてはかなりの差があります。上の写真のライならFW、UTを使ってミスしてもそれなりに飛距離が出せると思いますが、下の写真のライだと少しのミスもダフリも許されないシビアなライになります

林に入ったらFWで安全に脱出

林の中に入ってしまったら取り返そうとせず安全に林から脱出しましょう。お勧めなのがFWを使っての転がしです。林の中はベアグラウンドになっていることが多いので少々のミスでもソールが滑ってくれるので安心ですし、強振しなければボールは上がらないので安全に転がすことができます。ショットの方向はできるだけ開けている方向を選択しましょう。

FWならボールが沈んでいない限り、安定して転がすことができます。
コツは、スタンスを狭めて強振しない事。是非試してみてください

バンカーはスクェアに構えて右手首を甲側に折って振るだけ!

グリーン周りのガードバンカーで大切なのは、ボールの手前の適切な位置にウェッジのソールから接地すること。そうすれば、ヘッドが適度に滑り、ボール付近の砂ごとボールを浮かしてくれます。そのためには特別な動きはほとんど必要ありません。
スタンスは肩幅ぐらいに開き、目標方向に平行に構えて、7:3ぐらいの割合で左足に体重をかけます。この形が出来たら通常の長さにクラブを持ち、地面とシャフトが垂直になるように構え、フェースの向きは目標に合わせます。後は、右手首を甲側に曲げるヒンジコックの動きでクラブを振り上げ、戻すだけです。
これだけ十分高さの出るバンカーショットが打てるはずです。

スタンス幅は肩幅ぐらいで目標方向と平行にし、左足体重に構えてクラブはシャフトが地面と垂直になるように構える。右手の甲側に手首を折る感じでクラブを上げ、元に戻すだけ。これだけで10ヤード程度打つことができる。距離が欲しいなら体重移動をせずにふり幅を大きくする。打ち込むのではなく、振り抜くように追った手首を元に戻す。
これだけで驚くほど簡単にバンカーから脱出できるぞ。

スタンス幅を距離に合わせて変更し、それをストロークの目安にする

パッティングで距離感がなかなかでないという方はスタンス幅を距離に合わせて変更し、そのスタンス幅をストロークの目安にするのがオススメです。
スタンス幅を変えてしまうと構えが大きく変わってしまうと思いがちですが、左足とボールの位置関係が変わらなければ、それほど大きな違和感はないはずです。通常のスタンス幅を広げ、その広げた分だけ振り幅を大きくすればそれだけボールの転がる距離は多くなります。

どれだけスタンス幅を広げるかで数種類の転がりを打ち分けることができるというわけです。

This article is a sponsored article by
''.