パッティングの上達において欠かせないのが、距離感の出し方。距離感さえ合えば、3パットの確率もグッと下がり効率よくスコアアップが期待できる。最終回は、中井プロ直伝、誰でもすぐに実践できる距離感の出し方を特別に伝授しよう!

パッティングの距離感はフィーリングだけでは合わせづらい

ロングパットの距離感でお悩みという方は多いのではないでしょうか。違うコースでプレーする時はもちろん、季節や気候などによって変わるグリーンのコンディションに毎回アジャストする能力が必要になり、経験がモノを言う部分でもありますが、何より同じ距離を再現性高く打つ技術がとても重要になります。プロや上級者が距離感を合わせられるのは、それぞれが自分なりの距離の基準を持っているから。距離感にお悩みのゴルファーは基準を持っていない方が多く、例え持っていたとしても上手く作用していないためにばらつきが出てしまっているのだと思います。毎回これくらいかな?といった感覚だけでは、例え寄ったとしてもそれはたまたまとなってしまい、安定した距離感は養えません。一定の距離を再現性高く打つためには明確な基準が重量になります

スタンスの幅をストローク幅の目安にする

皆さんはパッティング時のスタンスの幅を気にされたことはあるでしょうか。肩幅ぐらいに開くというのが一般的とされていますが、このスタンスの幅を使ってストローク幅の目安にすると安定して同じ距離を打ちやすくなります。どういう事かと言いますと、パッティング時にヘッドの振り幅の基準を右足までにするというシンプルな事です。右足の内側のライン、つま先、外側のライン等、自身が好きなポイントを決め、そこを基準にヘッドの振り幅を決めます。明確に目に入る右足が基準となるため、振り幅が安定しやすくなるのです。同じ振り幅で安定して打てるようになれば、自然と同じ距離を安定して打てることに繋がります。

画像: アドレス時のスタンス幅、右足位置を基準にヘッドの振り幅を決めることで同じストローク幅を再現しやすくなり、一定の距離を安定して打ちやすくなる。まずはこれを習得しよう

アドレス時のスタンス幅、右足位置を基準にヘッドの振り幅を決めることで同じストローク幅を再現しやすくなり、一定の距離を安定して打ちやすくなる。まずはこれを習得しよう

スタンス幅を広げることでヘッドの振り幅を調整する

通常のスタンス幅を基準に安定したストロークができるようになったら、あとはスタンス幅を調整し、同じように右足を基準にして打つだけで様々な距離を打ち分けることができるようになります。スタンス幅を変えてしまうと構えが大きく変わってしまうと思いがちですが、左足とボールの位置関係が変わらなければ、それほど大きな違和感はないはずです。通常のスタンス幅を広げ、その広げた分だけ振り幅を大きくすればそれだけボールの転がる距離は多くなります。どれだけスタンス幅を広げるかで数種類の転がりを打ち分けることができるというわけです。

当然、グリーンコンディションによってこのスタンス幅による転がりの差は変わってきますので、プレー前に練習グリーンで基本のスタンス幅の転がりとスタンス幅の差による転がりの差を確かめておくより距離感は出しやすくなるでしょう。一見複雑に聞こえるかもしれませんが、やることはとてもシンプルです。是非一度試してみてください。

1年間連載してきました「ゴルフスウィング基本のキ!」も今回で終了になります。皆さんの上達にお役に立てましたでしょうか?また新しいカタチで皆さんにお会いできることを楽しみにしております。ご愛読ありがとうございました。(中井 学)

This article is a sponsored article by
''.