グリーン周りのガードバンカー。全然飛ばない、トップして大きくオーバーなどせっかくグリーン周りまでたどり着いたのにそこから大叩きなんて絶対に避けたいところ。そんなアマチュアの鬼門であるガードバンカーの簡単脱出方法をこっそりお教えしよう!

一般的に認知されているバンカーの打ち方は実は難しい

バンカーを苦手にするアマチュアの方はとても多いと思います。特にグリーン周りのガードバンカーはボールの高さを要求され、まだ打ってもいないのに大たたきを覚悟してしまうなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。バンカーは、フェースを開き、ややアウトサイドイン軌道に振り下ろすように打つ、俗にいうエクスプロージョンと呼ばれる打ち方が一般的とされています。この打ち方、確かに間違ってはいないのですがバンカーから緻密にボールをコントロールするためのテクニックのひとつで、それなりに練習が必要になります。バンカーから脱出し、グリーンに乗せるだけであれば、エクスプロージョンは全く必要ありません。こうやって打たなければならないと思ってしまっていることが余計バンカーを難しくしてしまっているんです。

画像: エクスプロージョンと呼ばれるバンカー独特の打ち方は、緻密なボールコントロールを可能にするための打ち方。習得するにはそれなりの練習が必要になる。グリーンに乗せるだけなら全く必要のない打ち方なのだ

エクスプロージョンと呼ばれるバンカー独特の打ち方は、緻密なボールコントロールを可能にするための打ち方。習得するにはそれなりの練習が必要になる。グリーンに乗せるだけなら全く必要のない打ち方なのだ

コツさえつかめばバンカーに力はそれほど必要ない

これはエクスプロージョンという言葉の弊害でもあるのですが、バンカーショットの時、力いっぱい振り下ろす方がいらっしゃいます。和訳すると爆発なんて意味になりますから、どうしても力を入れてしまいますよね。ボールを直接打たず、砂ごと打ちますので、直接ボールを打つ時より多少振り幅は必要になりますが、実際にはよほど距離がない限り、バンカーショットに力は必要ないのです

画像: ガードバンカーからまるでフルショットするかのように力を込めてスイングするアマチュアが多いが、それではダフリやトップなど大きなミスの素になる。ガードバンカーからのショットにパワーは無用だ

ガードバンカーからまるでフルショットするかのように力を込めてスイングするアマチュアが多いが、それではダフリやトップなど大きなミスの素になる。ガードバンカーからのショットにパワーは無用だ

構えをしっかり作れば後は手で打つだけ!

では具体的なカンタンバンカー脱出法をお教えしましょう。スタンスは肩幅ぐらいに開き、目標方向に平行に構えます。そして7:3ぐらいの割合で左足に体重をかけましょう。この形が出来たら通常の長さにクラブを持ち、地面とシャフトが垂直になるように構えます。フェースの向きは目標に合わせましょう。後は、右手首を甲側に曲げるヒンジコックの動きでクラブを振り上げ、戻すだけ。これが基本形になります。「そんな馬鹿な」とおっしゃる方もいると思いますが、バンカーを脱出するだけなら、これで十分なんです。ガードバンカーで大切なのは、ボールの手前の適切な位置にウェッジのソールから接地すること。そうすれば、ヘッドが適度に滑り、ボール付近の砂ごとボールを浮かしてくれます。クラブを大きく振り上げたり、手で強く振り下ろすことでクラブのエッジから接地してしまったり、正しい位置にヘッドが降りてこないのでヘッドが刺さってしまったり、跳ね返ってトップしてしまったりするわけです。距離が必要であれば、このヒンジコックの動きにふり幅を足して同じように振るだけで良いですし、高さが必要なら少しだけフェースを開けば自然とボールは上がってくれます。是非実践してみてください。1度でも成功すれば、もうバンカーなんて怖くなくなるはずです。             

This article is a sponsored article by
''.