ラフの中に入ったボールを探していたところ、木の枝の下に隠れていた自分のボールをうっかり蹴ってしまった! この場合、どうやって処置すればいいんだっけ?
画像: 「フォア―ッ」「きゃあ、左に行っちゃった!」カコーーーン!!

「フォア―ッ」「きゃあ、左に行っちゃった!」カコーーーン!!

セカンドショットをスライスしないようにと左を向いて打ったところ、真っすぐ飛んでしまい、打球は左の林へ。「フォア―ッ!」「木に当たった音がしたけど、跳ね返って遠くに行っていないといいな……」

画像: 「このへんかしら?」「無くなる球じゃないわよね?」

「このへんかしら?」「無くなる球じゃないわよね?」

「たぶん、この辺りにあると思うんだけど……」「無くなるような球ではなかったわよね。どこだろう? ラフが深いから見つけにくいわね」

画像: 「ん?」 コツン!

「ん?」 コツン!

「なかなか見つからないわね……。ん?」コツン!! 「いっけなーい! 自分のボールを靴で蹴っちゃった! 木の枝に隠れていたから、わからなかったのよね……」

画像: 「蹴っちゃった……」「わざとじゃないからなぁ……」

「蹴っちゃった……」「わざとじゃないからなぁ……」

ボールを捜索中に偶然動かしてしまった! どうすればいい?

スライスを恐れて左を向いて打ったセカンドショットは、真っすぐ飛んで左の林へ。木に当たったあたりのラフを探していると、足に硬い感触が……。木の枝の下に隠れていた自分のボールをうっかりと蹴ってしまったのだ。この場合、どのように処置すればいいのだろうか。

  • 1打罰で止まった位置からプレー
  • 1打罰でもとの位置にリプレース
  • 無罰で止まった位置からプレー
  • 無罰でもとの位置にリプレース
  • 1打罰で止まった位置からプレー
    12
    126
  • 1打罰でもとの位置にリプレース
    29
    315
  • 無罰で止まった位置からプレー
    15
    166
  • 無罰でもとの位置にリプレース
    44
    469

正解は、無罰でリプレース。旧ルールでは、スルーザグリーンでプレーヤーが偶然球を動かした場合、1打罰が課せられた。しかし新ルールでは球を見つけようとしている、または確認しようとしているときに、プレーヤーの球を偶然に動かしても、誰にも罰はなく、球はもとの位置にリプレースすればよい(規則7-4)。

週刊ゴルフダイジェスト3/12号「ゴルルと新ルール」より(監修・小山混、撮影・岡沢裕行)

This article is a sponsored article by
''.