入れてしまったとたん大ピンチと考えがちなフェアウェイバンカー。確かにフェアウェイやラフに比べれば厳しいかもしれないが、フェアウェイから普通に打てるなら身構える必要はない!ちょっとしたコツを覚えれば十分グリーンを狙っていけるぞ

絶好のバーディルートにフェアウェイバンカーは配置されている

気持良くティショットを打てたのにセカンド地点に来てみたらフェアウェイバンカーにつかまっていた。こんなシチュエーション皆さんもご経験があると思います。バンカーエリアは、コースの難易度を決めるひとつのポイントとなっていて大小様々なバンカーがコースの至るところに配置されています。フェアウェイバンカーもそのひとつですが、フェアウェイバンカーの役割は、ティショットのベストポジションを狭めることにあります。つまりフェアウェイバンカーがあるエリアはグリーンが狙いやすいエリアであるという事。上手く打つコツさえつかんでしまえば必要以上に警戒する必要はないのです。

画像: フェアウェイバンカーは安易にグリーンを狙わせないようにするために設置されているので、グリーンの狙いやすいエリアに設置されています。打ち方のコツさえ覚えればグリーンの狙いやすいエリアとも言えるのです

フェアウェイバンカーは安易にグリーンを狙わせないようにするために設置されているので、グリーンの狙いやすいエリアに設置されています。打ち方のコツさえ覚えればグリーンの狙いやすいエリアとも言えるのです

フェアウェイバンカーとグリーン周りにあるガードバンカーは別物である

バンカーが苦手なゴルファーは、グリーン周りにあるガードバンカーとフェアウェイバンカーを同じ状況のようにとらえているケースが多くみられますが、対処法が全く違います。同じ砂地で、足場が不安定という共通点はありますが、ガードバンカーは砂ごとボールを打ちますが、フェアウェイバンカーはボールをクリーンに打つ必要があります。ごくごく当たり前のことですがこのクリーンに打つという意識を明確に持つことで大ダフリなどのミスを減らすことができます

画像: フェアウェイバンカーとグリーン周りにあるガードバンカーは別物である
画像: 砂ごとボールを飛ばして打つガードバンカーとは違い、フェアウェイバンカーは飛距離を出さなければならないためボールをクリーンにとらえる必要があります。当たり前のことですが、意外と曖昧になっている方が多いです

砂ごとボールを飛ばして打つガードバンカーとは違い、フェアウェイバンカーは飛距離を出さなければならないためボールをクリーンにとらえる必要があります。当たり前のことですが、意外と曖昧になっている方が多いです

フェアウェイバンカーを上手く打つコツは2番手上げて8割の振り幅で打つ

では肝心のフェアウェイバンカーのコツをお教えしましょう。まずはアゴの高さを確認します。アゴが高く少しでもリスクがあるようなら確実に越えられる番手で打つのが賢明ですね。アゴがそれほどなく、例えトップしても越えられそうならグリーンを狙ってみましょう。次に番手選び。フェアウェイから同じ距離を狙う時に使う番手より2番手上げた番手を選びます。フェアウェイから9番アイアンなら7番アイアンといった感じです。そして指2本分程度短く持ち、いつもより気持ち左足体重で構えます。そして肩から肩ぐらいのスイング幅でフェアウェイと同じようにスイングします。よく滑ることを警戒して足を深く埋める方がいますが、その必要はありません。滑らずミートしやすくするために大きな番手を持っているのですから。また打ち方も特別変える必要はありません。打ち込むイメージを持つ方がいますが、アドレスを少し左足体重にするだけで必要な準備はできていますから。スイング幅だけを気を付けていつも通りのスイングを心がけてください。これだけ準備をすれば少々当たりが悪くてもボールは前に飛んでくれますから、大怪我にはならないはず。是非実践してみてください。

あごの高さを確認したら、フェアウェイより2番手上げた番手を使って指2本分を目安に短く持ちます。

やや左足体重で構えたら肩から肩を目安のややコンパクトなスイングで打つ。スイングに特別な意識やテクニックは必要ありません。確認と準備をキチッとすればあとはいつも通りのリズムを心がけて打つだけです!

This article is a sponsored article by
''.