練習場は常に良いライで打つことはできるがコースではそうはいかない。一言で芝の上と言っても短く刈られたフェアウェイと長く伸びたラフでは抵抗が変わるので、打てる番手が大きく左右されるのだ。芝の状況を見極められば大きなミスはかなり抑えられるはずだ。

ラフからの大きなミスは持つクラブの選択ミスの可能性が高い

セカンドショットでクラブの番手を選ぶ際、皆さんは何を基準に選んでいますか? 多くの方は、残りに距離に合わせて選んでいるとお答えになるでしょう。しかしそれだけでは不十分です。グリーンを狙う際の番手選びには、多くの配慮する項目があります。残りの距離に加え、風や高低差、そして何より重要なのがライの見極めです。このライの見極めが正しくできないとクラブの選択を誤り、チョロやOBなどの大きなミスに繋がってしまうのです。

画像: ライを見極めずに距離だけで番手を選ぶと大きなミスに直結します。言い換えれば、セカンドショットのミスの大半はクラブの選択ミスが引き起こしている可能性があります

ライを見極めずに距離だけで番手を選ぶと大きなミスに直結します。言い換えれば、セカンドショットのミスの大半はクラブの選択ミスが引き起こしている可能性があります

ボールの沈み具合はもちろん芝の向きにも目を向けよう

ライの状況は、ボールの沈み具合だけでは判断できません。芝の生えている向きや芝質によっても変わってきます。ヘッドの振り抜き方向に向けて芝が向いている、つまり順目であればヘッドが芝の上を滑りやすくなるので、フェアウェイウッドやユーティリティでも打てる可能性が高まります。反対に振り抜く方向と反対に芝が向いている、少しでもヘッドが手前から入ると芝がヘッドに絡みつき、まともにボールが飛んでくれません。クリーンにとらえられたとしてもヘッドを振り抜くのが難しく、まともな距離を出すのが難しくなります。そういった場合は、クラブの重さがあってボールが上がりやすいショートアイアンなどでないと安定して前にボールを飛ばすことが難しくなるのです。

画像: ボールの沈み具合はもちろん芝の向きにも目を向けよう
画像: 2枚の写真は、同程度ボールが見えていますが、ライとしてはかなりの差があります。上の写真のライならFW、UTを使ってミスしてもそれなりに飛距離が出せると思いますが、下の写真のライだと少しのミスもダフリも許されないシビアなライになります

2枚の写真は、同程度ボールが見えていますが、ライとしてはかなりの差があります。上の写真のライならFW、UTを使ってミスしてもそれなりに飛距離が出せると思いますが、下の写真のライだと少しのミスもダフリも許されないシビアなライになります

番手の判断基準の順は、ボールの浮き具合⇒芝目⇒残り距離

ライの見極めが重要だというのをご理解いただいた上で、グリーンを狙うショットの番手の選び方を改めてお話したいと思います。まずボールのライの確認をします。どのくらいボールが浮いているのか?を確認し、半分以上沈んでいたらどれほど距離が残っていたとしてもミドルアイアン以下を選択するのが賢明でしょう。3分の2ぐらい浮いているライなら芝目をチェックし、逆目であればこちらも無理は禁物。芝の抵抗で予想外のミスなどを生むことがあるのでよほど自信がない限り、ミドルアイアンより長い番手は持たない方が良いでしょう。またフェアウェイから打つよりスピン量が減るのでグリーンを直接狙うなら普段より止まらないことも計算に入れる必要があります。芝が順目ならここでようやく長い番手の選択肢が入ってきます。ヘッドが滑りやすいと言ってもフェースとボールに芝が挟まるなどしてスピン量は減りやすい状況ではあるので、あまりロフトが立っているクラブはボールが失速してキャリーが出なくなってしまう可能性があります。

画像: ライによってはグリーンに届かないクラブを持たなければならないこともあります。ちょっと勇気がいりますが、それが大きなミスを減らすのに重要なんですよ

ライによってはグリーンに届かないクラブを持たなければならないこともあります。ちょっと勇気がいりますが、それが大きなミスを減らすのに重要なんですよ

 こういったライの状況を踏まえてから残り距離を加味し、初めてクラブの選択に入るのが好ましいのです。第2打のミスが多い方は、ボールのライをしっかり見極める癖をつけるとミスを減らすことができるはずです

This article is a sponsored article by
''.