ティショットを大きく空振り……。その際、ボールがティから落ちてしまった! この場合、そのまま打たなきゃいけないの? それとも無罰でティアップしてから打ち直しすることができる?
画像: 「ああ~、緊張するなぁ」「いつもどおりやれば、大丈夫よ!」

「ああ~、緊張するなぁ」「いつもどおりやれば、大丈夫よ!」

朝イチのスタートホール。「今日は寒いわね~。緊張も加わって、体がガチガチだわ。ティショットは、私からよね?」「いつもどおりやれば、大丈夫よ!」

画像: スカッ! 「きゃぁー!! うそでしょ?」

スカッ! 「きゃぁー!! うそでしょ?」

ところが……。ブンッ、スカッ!! コロコロコロ……。「きゃー、うそでしょ? 思いっきり空振りしちゃったぁ」

画像: 「ショックだわ……」「ドンマイ、ドンマイ!」

「ショックだわ……」「ドンマイ、ドンマイ!」

「今日は寒いから、体が縮こまっちゃったのね。大丈夫よ、次でリカバリーすれば!」

画像: 「これって、ティアップしていいんだっけ?」「それはさすがにダメじゃない?」

「これって、ティアップしていいんだっけ?」「それはさすがにダメじゃない?」

空振りしてティから落ちた球は、無罰でティアップできる?

寒さで体が固まっていたせいか、ティショットを空振りしてボールがティから落ちてしまった。ボールはティーイングエリア内に留まっているが、果たしてそのまま打たなければいけないのか、それとも無罰でティアップできるのか……?

  • アンプレヤブルにする以外はティアップできない
  • 必ず元の位置にティアップする
  • ティーイングエリア内ならどこでもティアップできる
  • アンプレヤブルにする以外はティアップできない
    43
    78
  • 必ず元の位置にティアップする
    23
    41
  • ティーイングエリア内ならどこでもティアップできる
    34
    62

正解は、「どこでもティアップできる」。インプレーの球がストローク後にティーイングエリア内にある場合、罰なしに球を拾い上げたり、動かすことができ、同じティーイングエリア内であればどこでもティアップして次打をプレーすることができる。拾い上げた球を取り替えて別の球でプレーすることも可能。もちろんあるがままでプレーしてもOK(規則6-2b)

週刊ゴルフダイジェスト2019/1/29号「こんなときどうなる? ゴルルと新ルール」より(監修・小山混、撮影・姉崎正)

This article is a sponsored article by
''.