第6回目のテーマはずばり「パターの極意」。
パターにはいろいろな形状があるけれど、打ち方はたったひとつ。その極意は背筋と姿勢にあった! 背筋にパターを一本通しているイメージで打つ。そんな極意を中井学プロが紹介する。
これを読めば「得意クラブはパターです」って言えるようになっちゃうかも。

パターの上達はスコアメイクに繋がる

ゴルフには“パット・イズ・マネー”という格言があるように、もっともスコアメイクに直結するのが、グリーンに乗ってからのパッティングです。
ゴルフを始めたばかりの人は、カップの周りを行ったり来たりして、スコアを大きく崩してしまうことも多いのではないでしょうか。
パッティングで大事なことは、“方向性”と“距離感”の2つです。距離感はある程度、コースでのラウンド経験も必要になるので、まずは自分が狙ったところへ正確にボールを打ち出せるようになることが目標です。それには正しく構えることが、重要なポイントになります。

上半身の前傾角度が重要

パターにもドライバーやアイアンと同じように、クラブの規定でライ角(ソールを地面につけて構えたときの、シャフトと地面の間にできる角度)がつけられているため、通常のストロークをした場合、ヘッドは真っすぐではなく、緩やかなイントゥインの軌道を描きます。
このイントゥイン軌道を限りなく真っすぐに近づけることで、狙った方向へ正確にボールを打ち出す確率がアップします。そのための重要なポイントになるのが、上半身の前傾角度です。

ビギナーやパッティングがあまり得意ではない人に多いのが、上半身の前傾角度が浅くて、棒立ち状態のような構えです。前傾角度が浅くなると、体とボールとの距離が近くなるため、テークバックでヘッドが極端にアウト(外)に上がりやすく、フォローでもアウトに出やすくなります。

理想の前傾角度をつくるには

では、正しく構えるための手順を説明しましょう。
まず、ソール全面がぴったり地面に接地するように、パターのライ角どおりに構えます。すると手元の位置が決まります。飛球線後方から見たときに、手元がちょうど肩の真下にきて、ボールは目の真下にあるのが理想です。
鏡などでチェックしながら、その2つの条件が揃うように、上半身の前傾角度を作るといいでしょう。

画像1: 理想の前傾角度をつくるには
画像2: 理想の前傾角度をつくるには

前傾でも猫背にならないよう注意!

このとき、背中があまり猫背にならないように、背筋をなるべく真っすぐにします。どんなに短いパットでも、手先ではなく、体を使ってストロークしたほうが、動きの再現性が高くなります。
背筋が伸びて、正しい前傾角度が作れれば、体を使ったストロークがしやすく、ヘッドが描く軌道を限りなくストレートに近づけることができるんです。

画像: 前傾でも猫背にならないよう注意!

パターもショットと同じ、体重移動を

また、ストロークをするときに、下半身をガッチリ固定しすぎないことも大事。
下半身を固めてしまうと、どうしてもパターを手先で動かしやすくなってしまうからです。見た目では分かりませんが、パットが得意なプロや上級者の人は、パッティングでも小さな体重移動を使って打っています。左右の足の裏の内側半分程度の小さな幅で体重移動を使ってあげるとストロークが安定します。

200ヤード以上飛ばすドライバーショットも、わずか10センチのパットも同じ一打です。
パッティングは家の中でも上達できるので、しっかり練習しましょう。

This article is a sponsored article by
''.