第5回目のテーマは「ユーティリティでの寄せを覚えよう」。グリーン間近まで寄ったとき、安易にパターを持ってはいないだろうか? 実はそんなときに一番使って欲しいというのがパターやウェッジではなくユーティリティ。中井学プロが紹介するユーティリティの寄せ技は、初心者ゴルファーだけでなくすべてのゴルファーに対して目から鱗! 必見だ。

たとえば、グリーンを狙ったショットがわずかにショート。ボールがグリーンエッジから近ければ、無理にウェッジなどを使わず、パターで転がして寄せるのが、もっとも安全で確実な方法です。でも、ピンがグリーン奥なのに、手前にショートしてしまい、30ヤード以上の長い距離が残ってしまった……。こんな状況で、パターで転がそうとすると、かなり大きな振り幅で打たなくてはいけません。

そもそもパターは距離を出すクラブではないので、振り幅を大きくしすぎると、芯に正確に当てるのが難しくなり、思ったような距離が出せなかったり、手前をダフるようなミスも出てしまいます。こんなときのために、覚えておくと役に立つのが、ユーティリティクラブ(以下UT)を使って転がすアプローチ技なんです。

画像: パターだと大きなふり幅が必要となる

パターだと大きなふり幅が必要となる

UTは長い距離を打つクラブなので、パターよりもフェースの反発力が高く、小さな振り幅で距離を出すことができます。使用するロフトにもよりますが、たとえば30ヤードであれば、パターの半分ぐらいの振り幅、力加減で打つことができるんです。

さらに、UTはソールの幅が広い形状になっているので、少しぐらいボールの手前をダフっても、ソールが地面を滑ってくれて、ヘッドが突っかかるミスを防いでくれます。また、パターよりもロフトがあるため、最初の打ち出しでほんの少しボールが地面から浮きます。

画像: UTならパターの半分くらいのふり幅でOK

UTならパターの半分くらいのふり幅でOK

芝の抵抗を読むのが難しいエッジ部分などを飛び越して、グリーン面にボールを直接キャリーさせられるので、距離感を合わせやすいんです。UTのランニングアプローチといっても、特別な打ち方は必要ありません。グリップを短く持って吊るように構え、ボールの近く立って、パターと同じように打てばOK。パッティングの感覚により近づけるため、グリップを通常のショットのように握らず、パターと同じ握り方にするのもいいでしょう。

普段、通っている練習場に、アプローチの練習ができる施設があったり、アプローチ練習用のグリーンがあるコースへ行ったときは、ウェッジで打つだけではなく、UTでも何球か転がしてみて、どのくらいの振り幅、力加減で、どのくらい距離が出るのかを把握しておきましょう。このUTを使ったアプローチは、ボールが芝の薄い場所やベアグラウンドなど、ウェッジでは難しい状況でも使えます。ボールがグリーンエッジに近いアプローチが残ったときは、ウェッジとパターだけではなく、一緒にUTを持っていく習慣をつければ、スコアメークが楽になりますよ。

This article is a sponsored article by
''.