パットのストロークに入ったところ、テークバックの瞬間にボールがコロコロ……と動いてしまった! 気がついてはいたけれど、動作を止められなかったので、そのまま動いた球を打ったけれど、これってペナルティの対象になるの?
画像: 「ちょっと遠いけど、ここはしっかり寄せたいな……」

「ちょっと遠いけど、ここはしっかり寄せたいな……」

距離のあるバーディパット。「なんとか寄せて、このホールはパーでしのぎたいところ。しっかり打ち切るわ。狙いを定めて……と」。

画像: 「あ! ボールが動いた!!」

「あ! ボールが動いた!!」

テークバックした瞬間、ボールがなぜかコロコロ……と動いているのに気がついた。「えっ! どうしよう……。でもこのまま急に止めるのは難しいわ!!」

画像: 「ええ~い、そのまま打ってしまえ!」

「ええ~い、そのまま打ってしまえ!」

「ストップすることはできないし、もう仕方ない! このまま打ってしまおうっと。それっ! よ~し、結果オーライ。思い通りの位置にボールを寄せることができたわ」

画像: 「ボールが動いたのが逆によかったのかな?」「え……? 動いたの??」

「ボールが動いたのが逆によかったのかな?」「え……? 動いたの??」

「いま、動いている球を打ったんですか? ちょっと前にミケルソンがグリーン上で動いている球を故意に打って2打罰になりましたよね。いまも、動いたとわかって打ったのだとしたら、ペナルティの対象ですよ」

「たしかにボールは動いたけど、動いたのはテークバックを開始したあとだったから、動いているボールをそのまま打っても問題ないはずよ。私がボールを動かす原因になった場合は1打罰になるとは思うけど……」

さて2人の主張のうち、正しいのはどちら?

動いている球を打ったらペナルティの対象になる?

  • 動いている球を打ったら2打罰
  • ストロークを開始したあとなら問題ない
  • 動いている球を打ったら2打罰
    66
    130
  • ストロークを開始したあとなら問題ない
    34
    67

プレーヤーは自分の球が動いている間はその球を打ってはならないが、プレーヤーがストロークを始めたあとや、ストロークのためにクラブを後方へ動かした直後に球が動き始めた場合は罰はない(原則14-5)。ただし、その球が動いた原因がプレーヤー自身にある場合は1打罰が科せられる(規則18-2)

週刊ゴルフダイジェスト8/21・28合併号「ゴルルとルール。」より。監修・小山混、撮影・阪上恭史

This article is a sponsored article by
''.