コースデビューに向けた練習場での効率的練習法を紹介する企画、第2回目のテーマは「フェアウェイウッド」。上手く使いこなせればスコアメイクの強い味方になるが、なかなか上手く打てない人が多いのも事実。胸を張って「得意クラブ」と言えるようになるための練習方法を、中井学プロが教えてくれた!

アマチュアゴルファーには、フェアウェイウッド(以下、FW)が上手く打てない、苦手だという人が多いようです。コースでの使用頻度や練習量が少ないのも、苦手と感じる理由のひとつだと思いますが、“FW=難しいクラブ”という認識は、大きな間違いです。

たしかに、FWはドライバーの次に長いクラブですが、ユーティリティ(以下、UT)やアイアン、ウェッジなど、地面に置かれたボールを直接打つクラブのなかでは、実はいちばんやさしいクラブといえるんです。その理由はヘッドの形状にあります。FWの最大の特徴はフェース厚が薄く、ソール幅が広い(大きい)ことです。

画像: フェアウェイウッドがフェースが薄く、ソールが広い。実は“やさしい”クラブなのだ

フェアウェイウッドがフェースが薄く、ソールが広い。実は“やさしい”クラブなのだ

フェース厚が薄いと地面のボールを拾いやすく、ロフト角(クラブフェースの傾斜の角度)が立っていても、やさしくボールを上げることができます。また、ソール(クラブの底)幅が広いとインパクトで少しぐらいボールの手前をダフっても、ヘッドが刺さったり、突っかかったりせず、地面を滑ってくれるんです。

つまり、インパクトが多少アバウトでも、大きなミスになりにくく、しかも距離が稼げるわけです。なので、特にまだスウィングが安定しないビギナーの方には、練習場でFWをたくさん打つことをお勧めします。

では、具体的な練習法ですが、最初はティアップしたボールをFWで打ちます。ティアップの高さはあまり低くせず、ドライバーと同じぐらいか、それよりやや低い程度にしてください。

高めにティアップしたボールを打とうと思ったら、ヘッドを上から鋭角に入れたり、逆に下からアッパーにあおって打つイメージは出にくいはず。それが狙いなんです。

画像: ボールだけをクリーンにヒットできるようになろう!

ボールだけをクリーンにヒットできるようになろう!

ボールに対して、ヘッドを真横から払い打つように振ろうとするので、自然とレベルに振るスウィングが身に付きます。

また、ティアップしたボールはヘッドを上から打ち込みすぎると、ダルマ落としのようにボールの下のティを打ってしまったり、逆にボールを上げようとして下からあおって打つと、ボールの上側に当たるトップやチョロのミスが出やすいんです。ヘッド軌道のミスが分かりやすいので、スウィング作りにも役立つというわけです。

この練習を行うときのポイントは、アドレスでソールを地面に接地させず、ヘッドを少し浮かせて構えることです。なぜなら、FWはラフにボールが浮いた状態やフェアウェイバンカーから打つ場合など、ヘッドを地面にソールできない状況も多いんです。

それを考えると、ヘッドを浮かせて打つことに慣れておく必要があるんです。もうひとつ、ソールを地面に置いてしまうと、ヘッドを上から押し付けるようなアドレスになりやすいからです。

画像: ティアップ練習をすることでフェアウェイウッドを使うときの基本が身につく

ティアップ練習をすることでフェアウェイウッドを使うときの基本が身につく

ヘッドを地面から少し浮かせ、体と腕だけでクラブを支えるのが、理想的なアドレスです。そうすることで前後のバランスを整えやすく、テークバックの始動もスムーズに行えます。

画像: ティアップ練習で球をクリーンにヒットできるようになれば、地面からでも同様に打てるようになる

ティアップ練習で球をクリーンにヒットできるようになれば、地面からでも同様に打てるようになる

ティアップしたボールを何球か打ったら、次はマットの上にボールを置いて打ちます。このときもヘッドを少し浮かせ、ティアップしたときと同じように、ボールをレベルにとらえるイメージで打ちましょう。

FWをたくさん練習することで、レベルスウィングが身に付けば、ドライバーからアイアンまで、すべてのクラブをまんべんなく打ちこなすことができるようになりますよ。

画像: 中井学(なかい・がく)1972年4月14日生まれ。高校卒業後に渡米し、苦学しつつゴルフの技術を磨き、見識を深めて帰国。ツアープロコーチとして長く活動した後、2015年にプロテスト合格 2016年、東建ホームメイトカップでレギュラーツアーデビューを果たす

中井学(なかい・がく)1972年4月14日生まれ。高校卒業後に渡米し、苦学しつつゴルフの技術を磨き、見識を深めて帰国。ツアープロコーチとして長く活動した後、2015年にプロテスト合格
2016年、東建ホームメイトカップでレギュラーツアーデビューを果たす

撮影/三木崇徳 協力/ゴルフクラブイースタン

This article is a sponsored article by
''.