辛うじて池の脇のハザード内にとどまっていたボール。スタンスは問題なく、この位置から次のショットも打てそうだけれど、ボールの脇にある葉っぱが邪魔なことに気が付いた。この葉っぱは、動かしてもいいわよね?
画像: 「やめて~!」

「やめて~!」

大事なティショットは、池のある方向を目指して飛んで行った。「うわー! 当たりはよかったんだけど、方向が……。お願い! 池の中には入っていませんように」。

画像: 「あ! あれじゃない?」「よかったー! ギリギリセーフだわ」

「あ! あれじゃない?」「よかったー! ギリギリセーフだわ」

「わ~、よかった! なんとかとどまっていてくれたわね」。「ラッキーですね! ボールは赤杭の中にありますけれど、これなら打てそうですね」。

画像: 「ここから打てるかな? 確認、確認っと!」

「ここから打てるかな? 確認、確認っと!」

「ツイてるわー! ここならちゃんとスタンスもとれるし、打てそうだわ。けど、このボールの横にある葉っぱの山がスウィングの邪魔になるのは間違いなさそう……」。

画像: 【ルールQ】ハザード内の葉っぱは動かしてもいいんだっけ?

「たしかにバンカーの中にボールがあるときにバンカー内のルースインペディメントに触れたり動かしたりするのはダメだけど、それ以外の場所では、ルースインペディメントは取り除いても問題ないはずよ」。

「バンカー内ではルースインペディメントに触ってはダメですよね。赤杭の中も、バンカーと同じハザードなので、ルースインペディメントに触れたり動かしたりするのは禁止されていると思いますよ」

さて、2人のジャッジのうち正しいのはどっち?

  • バンカー以外では取り除いてOK
  • ルースインペディメントに触れてはダメ
  • バンカー以外では取り除いてOK
    45
    122
  • ルースインペディメントに触れてはダメ
    55
    151

プレーヤーはバンカーであるかウォーターハザードであるかにかかわらず、ハザード内にある球をストロークする前に、そのハザード内にあるか、またはそのハザードに触れているルースインペディメントに触れたり、それを動かすことは禁止されている。違反した場合は2打の罰を受ける(規則13-4C)

週刊ゴルフダイジェスト6/5号「ゴルルとルール。」(監修・小山混、撮影・岡沢裕行)

This article is a sponsored article by
''.