ショートアイアンでターフをしっかり取りたい!

今回は佐藤竜太さんにお悩みを聞きました。

画像1: ショートアイアンでターフをしっかり取りたい!

佐藤さんは、ショートアイアンはダウンブローに打つべきか、
それとも払い打ちにすべきかがお悩み。

画像2: ショートアイアンでターフをしっかり取りたい!

早速、キムトモのレッスン開始!POINT3つを紹介します。
これで解決方法が「わかりました!」

POINT1 アドレスでフェースを開かない 

画像1: POINT1 アドレスでフェースを開かない
画像2: POINT1 アドレスでフェースを開かない

佐藤さんはターフを取らない払い打つように打っていましたが番手通りの距離が出ずに弱い球筋になっていましたね。その原因の一つはアドレスでのクラブのセットの仕方にあります。ボールを左に置いてフェースのロフトを寝かせて構えていました。これでは、少しすくい打ちになってボールは高く上がりますが距離とスピン量は確保するのは難しいですね。

ボールと地面のすき間にクラブを滑り込ませるのではなくハンドファーストをキープしてロフトが立った状態でインパクトすることが大切です。少しボールをスタンスの中央付近にセットします。手元は左足太ももの内側に構えれば、ハンドファーストでボールを直接打つ準備はこれでOKです!

POINT2 クラブの最下点はボールの先に

画像: POINT2 クラブの最下点はボールの先に

ボールの先の芝をコスルように入射角を確保すればハンドファーストをキープしてクラブが直接ボールに当たるようになります。フェースが開くとボールの先のターフは取れませんのでフェースはターゲットに向けてしっかりとスクェアにインパクトを迎えることが重要です。

フェースを開かずにボールに対して少し上から入るとボールを押せる分厚いインパクトが手に入りますよ。

POINT3 バックスウィングでフェースは開かない

画像: POINT3 バックスウィングでフェースは開かない

佐藤さんの場合は、せっかく正しくセットアップしてもバックスウィングでフェースを開いて上げてしまうとインパクトでフェースをスクェアに戻せずにロフトが寝てしまいます。そこで、バックスウィングでは少しシャット(クローズ)にフェースをボールの方に向けたまま上げることでスクェアにインパクトするように改善しました。

木村プロのアドバイスでは左手の甲を地面に向けるように上げることでしたね。フェースの向きを意識して開かないようにしてもいいでしょう。

キムトモの悩み解決レッスンでこ~んなに改善されたのですが・・・どれだけ直ったかは動画で確認してくださいね!

画像: ⑨ショートアイアンの打ち方はどうしたら?「キムトモのわかりました!」 youtu.be

⑨ショートアイアンの打ち方はどうしたら?「キムトモのわかりました!」

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.