セカンド地点でボールを探していたところ、同伴者が無意識にボールを踏んでしまった! 相手は「ごめん!!」と謝ってはくれたものの、この場合、ペナルティがついてしまうの?

画像: 「あ~あ! 左に行っちゃった!!」

「あ~あ! 左に行っちゃった!!」

渾身のティショットは引っかけてしまい、左へ。「あ~あ、左の斜面のほうへ行っちゃったわ」「了解です! 一緒にあの辺りを探しましょう」

画像: 「このあたりのはずだけど……」

「このあたりのはずだけど……」

「この斜面に落ちたわよね。たしかここらへんにはあると思うんだけど……」「おかしいですね~、ボールが見あたらないですね。もっとあっちだったかな?」

画像: グニュッ!! 「ん?」

グニュッ!! 「ん?」

「ん!!! なんだか足元に変な感触があるわ。ま・さ・か……」「あ!!! ちょっとーーー! 足で私のボールを踏んでるわよ~!!」

画像: 「ごめん! 踏んじゃった!」「こういう場合、どうするんでしたっけ?」

「ごめん! 踏んじゃった!」「こういう場合、どうするんでしたっけ?」

「ちょっと待ってください。ほかの人のボールを動かしてしまったら、たとえわざとじゃなくても、ペナルティがつくんじゃなかったんでしたっけ? もちろん私は無罰でボールを元の状態に戻せばいいと思いますけど」

「ええと、自分のボールを自分で踏んで動かしちゃった場合は1打罰になるけど、今のは私が動かしたわけだから、誰にも罰はなく、埋まったボールを元の状態に戻せばいいだけよ。とにかく見つかってよかったわ!」

この場合、正しい判断をしているのはどちら?

  • ボールを動かした人が1打罰を受ける
  • 無罰で元の状態に戻せばOK
  • ボールを動かした人が1打罰を受ける
    27
    55
  • 無罰で元の状態に戻せばOK
    73
    146

プレーヤー自身がインプレーの球を拾い上げたり動かした場合、プレーヤーは1打の罰を受け、その球をリプレースしなければならない(規則18-2)。しかし今回のように、局外者である同伴競技者によって球が動かされた場合は誰にも罰はなく、その球はリプレースされなければならない(規則18-1)。

週刊ゴルフダイジェスト4/24号「ゴルルとルール。」より(監修・小山混、写真・増田保雄)

This article is a sponsored article by
''.