隣接するオールドコースが1972年開場と半世紀に迫る歴史を持つのに対し、ここ大村湾カントリー倶楽部 ニューコースは1994年オープンとまだ新しい、アメリカンスタイルの丘陵コースだ。

世界で150のコース設計を手掛けた「R・W・フリーム」

設計者はロナルド・ウォーレン・フリーム。アメリカのワシントン州立大学で芝草管理を学ぶと、ロバート・トレント・ジョーンズ・シニアに師事し、後に独立。設計家としてのキャリアは1966年に始まり、世界65カ国で150コースを手がけた。日本ではほかに、「東北屈指の名コース」と誉れ高いボナリ高原ゴルフクラブ(福島県)も設計している。

画像: 眼前に広がる郡岳をホールの一部として一体化させた17番ホール

眼前に広がる郡岳をホールの一部として一体化させた17番ホール

自然をコースデザインに見事に取り入れたフリーム。大村湾カントリー倶楽部 ニューコースにおいては、16番、17番の眼前に広がる郡岳を、ホールを構成するパーツのひとつとして一体化させている。

美しい仕掛けが施された個性豊かな18ホール

微妙にうねるフェアウェイと、人工的に配されたマウンドが印象的なアメリカンスタイルの丘陵コース。クリークと大きな池が待ち構え、ティショット、第2打ともに戦略を強いる1番パー4から始まる。続く2番はオーガスタナショナルの12番を彷彿させるパー3だが、横長のグリーンの手前は大きく広がる池、奥はつつじが密生するブッシュと逃げ場がない。

画像: オーガスタナショナルの12番を彷彿させる12番パー3。

オーガスタナショナルの12番を彷彿させる12番パー3。

ティショットが打ち下ろし、以降はグリーンまで軽い打ち上げとなる最終パー5まで、個性豊かな18ホールを展開。その一方で、バンカーのデザインにバースウッドの花弁を採用したり、12番のグリーン奥に花畑をしつらえるなど、景観への配慮も行き届いている。プレーに没頭するだけではなく、フリームが施した美しい仕掛けの数々もぜひ見落とさないようにしたい。

TS CUBIC CARD 会員の皆さまだけの特別優待のご紹介

《特典》
◆昼食時1ドリンクサービス(ソフトドリンクのみ)
 ※優待期間:2018年5月8日~2019年3月31日
  除外期間:2018年12月29日~2019年1月6日
《プレー料金》
◆ゴルフ場公式サイトにてご確認下さい。
《ご予約方法》
◆ゴルフ場へお電話でご予約下さい。
《適用条件》
◆お電話でのご予約時、TS CUBIC CARD会員である旨お伝え下さい。
《ご利用につきまして》
◆精算時にTS CUBIC CARDでお支払い下さい。

          ご予約・お問い合わせ
         0957-55-3131
         受付時間 8:00~17:00

<基本情報>
〒856-0002 長崎県大村市東野岳町1420-1
※営業時間、休場日、アクセス等は、ゴルフ場公式ホームページよりご確認下さい

This article is a sponsored article by
''.