【動画】林から脱出するときのフォロースルーは腰の高さ

今回は廣澤公光さんにお悩みを聞きました。

画像1: 【動画】林から脱出するときのフォロースルーは腰の高さ

廣澤さんは、ドライバーが曲がって林の中に入ってしまったときの対処法を教えて欲しいとのこと。

画像2: 【動画】林から脱出するときのフォロースルーは腰の高さ

早速、キムトモのレッスン開始!POINT3つを紹介します。
これで解決方法が「わかりました!」

POINT1 ロフトの立ったクラブを使う

画像: POINT1 ロフトの立ったクラブを使う

今回の状況をおさらいします。フェアウェイ右サイドの林からの脱出法です。目の前に空間はあるものの枝が邪魔して高い球は打てません。もう一つ、右サイドには池が迫っています。この状況からは、まずボールを低く出すクラブを選ぶことが大切です。廣澤さんは、7番アイアンを持ちました。上手く打てましたが枝に当たってフェアウェイまで出せませんでした。

そこで、5番や4番アイアンのロフトの立ったクラブを選びましょう。7番アイアンで低く打つよりも、多少のミスでもある程度は脱出できます。7番や8番アイアンなどロフトのあるクラブでロフトを立てて低く打とうとすると引っかけやダフりなど思わぬミスを誘います。

POINT2 低く打てる構えをする

画像1: POINT2 低く打てる構えをする
画像2: POINT2 低く打てる構えをする

次にアドレスです。低く打てるクラブを選択しましたのでアドレスも合わせます。ポイントは①クラブを短く持つ②スタンスを狭く③ボール位置は右足前に。

クラブを短く持つとボールは低くなります。今回の場所からの脱出には高さは必要ないので短く持ってボールに近づいて立ちましょうボールの位置は右足前置いて、ロフトが立ったまま直接ボールに当てられるアドレスを取りましょう。ダフりを防止し高さを抑えるアドレスになりました。

POINT3 フォロースルーは腰の高さで止める

画像1: POINT3 フォロースルーは腰の高さで止める
画像2: POINT3 フォロースルーは腰の高さで止める

最後に振り方です。低く打つには、フォロースルーを短くします。バックスウィングは飛ばしたい距離に合わせてとりますがフォロースルーは腰の高さくらいまでに抑えます。それによって、入射角が少し鋭角に入るようになりボールを低く抑えることと、ダフらずに直接ボールを打ちやすくなります。

この打ち方を覚えておくと、風の強い時や打ち下ろしのパー3などにも応用できます。低く出て十分に距離も出ますので力まずにテンポよく打ちましょう。

キムトモの悩み解決レッスンでこ~んなに改善されたのですが・・・どれだけ直ったかは動画で確認してくださいね!

画像: ⑫林からの脱出法「キムトモのわかりました!」 youtu.be

⑫林からの脱出法「キムトモのわかりました!」

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.