いまやPGA(米男子)ツアーのトッププロは300ヤード超えが当たり前の時代になった。急激な飛距離アップの一翼を担ったのが、トラックマンやフライトスコープといった弾道測定器の出現。スピン量、打ち出し角などを最適化することによって、プロたちは飛距離を伸ばしている。そんな中、フライトスコープ社から価格が10万円を切る破格の測定器「ミーボ」が発売された。この最新ギアはアマチュアの飛距離を伸ばす救世主となるのか。今野康晴プロがテスト!

飛距離アップに直結する「8つの項目」が測定可能

「この製品を見たとき、プロの間でも衝撃が走ったんです」というのはツアー7勝のショットメーカー・今野康晴プロ。

「基本、弾道測定器というと100万円を超えるモノがほとんど。プロでも購入をためらうので、アマチュアゴルファーなら、なおさらでしょう。それが、計算値でなく、実測値で測定できるのに、約10万円という価格で販売されているのですから話題にならないわけがないですよ。もちろん、高価な測定器よりも測定できる項目は少ないですが、この価格を考えれば、“飛びの3要素”やミート率があるだけで、十分。自分のスウィングを数値化できることで、必ず飛距離アップにつながります」(今野プロ)

ミーボで測定できる項目は8つ。

画像: 飛距離アップに直結する「8つの項目」が測定可能

1.ヘッドスピード
2.ボール初速
3.ミート率
4.キャリー
5.打ち出し角
6.スピン量
7.滞空時間
8.最高到達点

この8つで、いずれも飛距離の直結する重要な要素ばかり。これにより、たとえば、「自分は思ったよりもスピンが多くて飛距離を損しているな」、とか、「ヘッドスピードが速いのに飛ばないのは、打ち出し角が低すぎるからか」といった気づきを、客観的に与えてくれるというわけ。ただ漠然と練習するのと、一球一球自分の弾道データを確認しながら練習するのでは、その効率は雲泥の差だ。

画像: ボール位置の約1.2メートル後方に置くのがベスト

ボール位置の約1.2メートル後方に置くのがベスト

操作はiPhoneのアプリで簡単に行うことができ、測定データと動画を連動させることも可能だ。

トッププロ今野康晴の“ミーボ”活用術

【活用法1】ミート率に注目してみよう!

「数値化すると、ヘッドスピードを上げることに注力する人が多いですが、重要なのは芯で打つこと。ミート率が1.5に近いほど芯に当たっているということになります」

画像: ミート率が上がれば飛距離は必ず伸びる。「アマチュアはミート率『1.45』を目標に」(今野)

ミート率が上がれば飛距離は必ず伸びる。「アマチュアはミート率『1.45』を目標に」(今野)

【活用法2】スロー動画撮影してみよう!

「正面から撮影すると、スウェイの有無や、頭が動いていないかなど一目瞭然です。また、スロー動画であれば、フェースの向きまで見えるので、分かりやすいですよ」

画像: 左右にスウェイしていないか、正面から撮影するとわかりやすい

左右にスウェイしていないか、正面から撮影するとわかりやすい

【活用法3】ラウンド中にも使ってみよう!

「ほとんどのゴルファーは緊張したり力んだりするので、コースでのスウィングは練習場のそれよりも悪いです。その事実を把握したいですね。測定は1番か2番ティで。ただしスロープレーは厳禁ですよ」

画像: スタートホールでスウィングチェック。ただし、スロープレーには注意!

スタートホールでスウィングチェック。ただし、スロープレーには注意!

ミーボの価格は税込み9万7200円(税込)。アマチュアにはとても手が届かない存在だった弾道測定器が、この“買える”値段になったこと自体が事件だ。

写真/増田保雄

This article is a sponsored article by
''.