つま先下がりのアプローチは“重心”の位置を低く

今回は廣澤公光さんにお悩みを聞きました。

画像1: つま先下がりのアプローチは“重心”の位置を低く

廣澤さんは、斜面からのアプローチが苦手だということ。

画像2: つま先下がりのアプローチは“重心”の位置を低く

早速、キムトモのレッスン開始!POINT3つを紹介します。
これで解決方法が「わかりました!」

POINT1 スタンス幅を広くして重心を低くする

画像1: POINT1 スタンス幅を広くして重心を低くする
画像2: POINT1 スタンス幅を広くして重心を低くする

今回のお悩みは砲台グリーンにありがちな大きな斜面でのアプローチです。大切なのは、斜面に対応するアドレスを取ることです。傾斜の角度に合わせてスタンスの幅を広げましょう。傾斜が急であれば大きく広げて下半身を安定させることが大切です。

本来アプローチでは飛ばす必要がないので、スタンスはできるだけ狭く小さく構えますが、傾斜にボールが止まっている時には状況に合わせてスタンスを取りましょう。

POINT2 スウィング中は重心の位置をキープ

画像: POINT2 スウィング中は重心の位置をキープ

今回の状況では”つま先下がり”で”左足上がり”の複合的なライにボールが止まっています。廣澤さんは”かかと”に体重がかかり過ぎていました。つま先下がりのライでは、ボールが足元よりも低い場所にあるので、クラブヘッドが届かずにトップしてしまうミスが出やすいです。少しつま先側に体重を乗せることでボールとの距離がキープしやすく、クラブヘッドがボールへも届きやすくなります。

”かかと体重”ではなく”つま先側”に体重をかけることがポイントです。

POINT3 フォロースルーの大きさで距離感を出す

画像1: POINT3 フォロースルーの大きさで距離感を出す
画像2: POINT3 フォロースルーの大きさで距離感を出す

今回の状況では打ち上げのグリーンに向かって打つ必要があります。インパクトで強く打って高さを出そうとすると、飛び過ぎたりシャンクしたりと思わぬミスになってしまいます。ゆっくりとクラブヘッドを振り抜いてフォロースルーを大きく取るとボールは柔らかく高く上がります。

ヘッドの運動量が大きくなりますのでスウィングの円弧が大きくなりインパクトゾーンも長くなってミスの軽減につながります。ボールを上げたい時にはフォロースルーを大きく取る覚えておきたいですね。今回の状況は、かなりの傾斜なのでピンに寄せるのは難易度高いです。グリーンに乗せらるだけでも合格点ですね。

キムトモの悩み解決レッスンでこ~んなに改善されたのですが・・・どれだけ直ったかは動画で確認してくださいね!

画像: ⑬斜面のアプローチ「キムトモのわかりました!」 youtu.be

⑬斜面のアプローチ「キムトモのわかりました!」

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.