救済措置でドロップしたボールが、足に当たってしまった! 再ドロップしようとしたところ、同伴者からは「ちょっと待って! それは1打罰よ」の声が……。正しい処置はどうすればいいんだっけ?
画像: 「わあ、飛んでるじゃない!」「えへへ」。

「わあ、飛んでるじゃない!」「えへへ」。

「いまのティショット、本当にいい当たりだったわね~」。「ありがとう~、今日イチの手ごたえだったわ」。ナイスショットをほめられながら、いい気分でセカンド地点へ向かったところ、ボールはヤード表示のかかれている場所に……。

画像: 「救済しまーす!」

「救済しまーす!」

「このままでは打てないので、救済しまーす! セカンドショットもしっかり打って、このホールは絶対バーディ奪取といきたいところだわ」。

画像: コツッ、コロコロコロ……

コツッ、コロコロコロ……

「よーし、ドロップしまーす。えいッ」。ポトッ、コツン!! コロコロコロコロ……。「あらっ! いけない、足に当たっちゃったわ!」

画像: 「足に当たったから、再ドロップします」。「待って!!」

「足に当たったから、再ドロップします」。「待って!!」

「たしかドロップしたボールは、ドロップした時点でインプレーになるのよね。いまインプレーのボールが足に当たったから、動いているボールを止めたことで1打罰よ。ボールはその位置からプレーしなきゃダメよ」

「たしかにインプレーの動いているボールを止めたり動かしたら1打罰ですけど、ドロップしたときに限っては、ボールが止まる前に人や携帯品に当たった場合は無罰で再ドロップできるんですよ」。

さて、2人のうち、正しい見解はどちら?

  • 1打罰で止まった場所から打つ
  • 無罰で再ドロップできる
  • 1打罰で止まった場所から打つ
    36
    42
  • 無罰で再ドロップできる
    64
    76

インプレーの球が拾い上げられていた場合、その球はドロップした時点でインプレーとなる(規則20-4)。ただしドロップした球がコース上に落ちる前や落ちた後に、人やプレーヤーの携帯品に触れた場合、その球は罰なしに再ドロップしなければならない(規則20-2a)。その際の再ドロップについては、回数に制限はない。

週刊ゴルフダイジェスト3/13号「ゴルルとルール。」より(監修・小山混、写真・姉崎正)

This article is a sponsored article by
''.