ベテランプロに、アマチュア向けのワンポイントレッスンを教えてもらう「一言レッスン」。今回は、2017シーズンのシニアツアーで2勝を挙げている秋葉真一プロにフェアウェイウッドのコツを教えてもらった。シニアプロ直伝のコツを掴んで、ミスが絶えないFWを得意クラブにしよう。

「フェアウェイウッドはインパクトを意識せずに振り切ろう」by秋葉真一

苦手! という人が多いクラブといえばフェアウェイウッド。距離の残っているセカンドショットや、長いパー3など使いたくなる状況は多々あるが、クラブが長いこともあって、なかなかうまく打てない。シニアツアーで活躍中の秋葉真一プロは「インパクトを意識せずに振り切るのがコツです」と話す。

「フェアウェイウッドは当てにいくとダメなんです。アマチュアはインパクトを意識しすぎる傾向がありますが、最後まで振り切ることを意識するようにしてください。バックスウィングからトップ、フィニッシュまで1回でいく感覚です。クラブを振り切るとロフトが自然に球を上げてくれますし、クラブが上手く抜けてくれます」(秋葉、以下同)

画像: バックスウィングからフィニッシュまでが1回と考え、振り切ることがポイントだ

バックスウィングからフィニッシュまでが1回と考え、振り切ることがポイントだ

実は秋葉プロも、知らず知らずのうちにフェアウェイウッドでインパクトを作りにいっていた。それに気づいて、フィニッシュまで振り切るように意識してからフェアウェイウッドの調子が回復。そのことも、シニアツアーでの活躍につながっているのだとか。レベルは違えど、プロでもアマでも悩みの“根っこ”はどこか似ているものなのだ。

「その際、頭が絶対に突っ込まないようにしましょう。ボールをずっと見る必要はありませんが、頭の位置はそのままにしておくのがポイント。そうすれば、大体球に当たるようになりますよ」

勇気を持ってフィニッシュまでしっかり振り切ればプレーの幅が広がること間違いなしだ!

実際の動きは動画でチェック!

画像: フェアウェイウッドはフィニッシュまで“1回”で振り切ろう【シニアプロの一言レッスン: 秋葉真一編】 youtu.b

フェアウェイウッドはフィニッシュまで“1回”で振り切ろう【シニアプロの一言レッスン: 秋葉真一編】

youtu.b

取材協力:富士フイルム シニア チャンピオンシップ

This article is a sponsored article by
''.