いい道具には、必ず物語がある。世に数多あるゴルフギア&グッズの中から、とくにストーリーのあるものをピックアップするのが「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」。第12回はフォーティーンの「FHフォージドV1」だ。様々な“名器”と呼ばれるウェッジを世に送り出してきたフォーティーンだからこその“こだわり”をご紹介しよう。

寄せの楽しさ再発見! “温故知新”ウェッジ

ピン奥からバックスピンで寄せる、アマチュアの憧れを実現するウェッジが、01年フォーティーンから登場した。その名は「MT28ウェッジ」。誰でも激スピンがかけられるとして大ヒットした。

以前は、アイアンセットといえばSWまで含まれていたが、90年台後半から、単品ウェッジという市場ができあがりつつあった。当時はまだ海外ブランドばかりが人気だったが、MT28の大ヒットにより、「日本のウェッジと言えばフォーティーン」と言われるぐらい強力なブランドに成長した。

MT28の登場から17年、新たに世に出たのが、「FHフォージドV1ウェッジ」。FHとは、FUTURE HERITAGE(フューチャー・ヘリテイジ)の頭文字で“伝統と未来”を意味する。伝統とは、MT28から続くフォーティーンのウェッジの歴史だろう。

画像: フォーティーンの威信をかけて発表した「FHフォージドV1ウェッジ」

フォーティーンの威信をかけて発表した「FHフォージドV1ウェッジ」

このウェッジは、各ロフト本来の用途、役割に立ち返り、最適なソール形状を模索。フルショットに重点を置いた抜けのよいリッジソール、フルショットとコントロールショットどちらにも対応するレギュラーソール。フェースを開いたり、デリケートなタッチが出せたりするツインソールの3種類を用意。

ブレード上部方向と、ネックからトウへの横方向に徐々に厚みを持つ“ダブル逆テーパーブレード”を採用。効率的なウェート配分のおかげで、インパクト時のヘッド挙動が安定した。最大公約数を狙った万能性ではなく、使用する用途や打ち方に合わせた機能を追求。ゴルファーそれぞれの個性に上手くマッチングさせることで、様々なレベルのプレーヤーが、やさしさを感じるウェッジに仕上がった。

画像: 日本シャフトと共同開発した「TS-114w」シャフト。50度まではコントロールショット、52度からはチップショットへ対応できる特性を持たせた

日本シャフトと共同開発した「TS-114w」シャフト。50度まではコントロールショット、52度からはチップショットへ対応できる特性を持たせた

ゴルファーに寄り添った、新しいウェッジを次々に発売してきたフォーティーンだからこそ、このウェッジはゴルファーの未来を切り開く可能性を秘めている。

写真/三木崇徳 文/田島基晴

This article is a sponsored article by
''.