長くプロツアーで活躍し続けるシニアプロには、仲間たちからも一目置かれる一芸がある。そんな熟練の技を一言で教えてもらう「一言レッスン」。第一回目は、ドライバーの名手・東聡プロに飛ばしに直結する力の“入れどころ”を教えてもらった!

切り返しで「力」が入っているから飛ばない
「アマチュアはドライバーで『飛ばしたい』という気持ちが強くなると、どうしても切り返しで力が入ってしまうんですよ。そうすると軸足に体重が残った“明治の大砲”になって、飛ばないし、スライスになりやすい。力の入れどころさえ分かれば、もっと飛ばすことができますよ」と、東プロ。

画像: 原因は切り返しで力が入っているから

原因は切り返しで力が入っているから

東プロ曰く、切り返しで力を入れると体の回転がなくなり、体重移動もできずにダウンスウィングからインパクトにかけて右足重心で振ってしまうという。では、どのタイミングで力を入れればいいのだろうか?

画像: 切り返しで力が入ると“明治の大砲”のようになってしまう

切り返しで力が入ると“明治の大砲”のようになってしまう

「コツは切り返しでは力を入れずにフォローでしっかり加速させるように振ることです。フォローでビュンと音が鳴るように意識して振る。そうすればスムーズに振れるしフォローも大きくなる。飛距離アップのコツはここにあります」

画像: インパクトの先で加速させて振ることが大事

インパクトの先で加速させて振ることが大事

実際の動きは動画でチェック!

画像: 飛ばせる力の“入れどころ”教えます! 東聡の飛距離アップ術【シニアプロの一言レッスン】 youtu.be

飛ばせる力の“入れどころ”教えます! 東聡の飛距離アップ術【シニアプロの一言レッスン】

youtu.be

切り返しは力を抜いて、インパクトの先で振ることができればドライバーで飛ばせること間違いなしだ!

取材協力:富士フイルム シニア チャンピオンシップ

This article is a sponsored article by
''.