ドライバーの引っかけ防止は「右腰」を押し込んでみる

今回は薮崎資浩さんにお悩みを聞きました。

画像1: ドライバーの引っかけ防止は「右腰」を押し込んでみる

薮崎さんはドライバーを左に引っかけてしまうのだそう。

画像2: ドライバーの引っかけ防止は「右腰」を押し込んでみる

早速、キムトモのレッスン開始!POINT3つを紹介します。
これで解決方法が「わかりました!」

POINT1 アドレスはスクェアに立つ

画像: POINT1 アドレスはスクェアに立つ

ドライバーに限らず引っかけのショットが出ると右を向いて構えてしまいがちになります。薮崎さんは上級者であるがゆえにドライバーの大きなミスが1ラウンドを台無しにしかねないことをよくご存じのようです。左を怖がるために知らず知らずのうちに右を向いて構えてしまうとクラブの軌道はターゲットに対して強いインサイドアウトの軌道になりやすく引っかける原因になってしまいます。

スウィングを直す前に正しいアドレスをチェックしましょう。

POINT2 インパクトは右腰を押し込もう

画像1: POINT2 インパクトは右腰を押し込もう
画像2: POINT2 インパクトは右腰を押し込もう

引っかけの原因はインパクト付近で体の回転が止まりフェースが急激にターンしてしまうことだとキムトモは教えてくれました。そこで、回転を止めないためにトップからの切り返し以降、右腰をしっかり目標方向に押し込む感覚を持ちましょう。右腰を回そうとすると右肩もボールに近くなり、クラブの通り道がなくなってしまいます。その結果カット軌道になったりうまく当てようとして思わぬミスにつながります。

右腰を押し込む感覚で体の回転を確保しましょう

POINT3 クラブは寝かさずにプレーンに沿って下ろす

画像: POINT3 クラブは寝かさずにプレーンに沿って下ろす

多くのアマチュアゴルファーの悩みである”クラブが寝て入る”とは、インパクトの時のシャフトの角度に対してダウンスウィングではその線よりもクラブヘッドが内側(下側)を通るとインサイドアウトの軌道ということになります。インサイドアウトの軌道で大事なのはその度合いですね。プロのスウィングを見ると、ダウンスウィングの途中からインパクト時のシャフトのラインに沿って降りてきています。

極端に内側から入ると、フェースが開いてしまいインパクトで戻せないかった場合はプッシュアウトに。戻し過ぎた場合は引っかけとなってしまいます。スティックを使ってチェックした通り、どのラインで降りてくるのが正しいのかを確認するとわかりやすいですね。手でおろすのではなく、右腰の押し込むようにして回転すると下半身が先行してクラブが正しいプレーン上に降りてきやすくなります。

キムトモの悩み解決レッスンでこ~んなに改善されたのですが・・・どれだけ直ったかは動画で確認してくださいね!

画像: ⑳ドライバーを左に引っかける。クラブをスウィングプレーンに沿って下ろそう「キムトモの分かりました!ゴルフ上達レッスン」 youtu.be

⑳ドライバーを左に引っかける。クラブをスウィングプレーンに沿って下ろそう「キムトモの分かりました!ゴルフ上達レッスン」

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.