セカンドショットがバンカーにイン! しかしバンカー内に落ち葉がたくさんあって、次のショットを打つのにジャマになりそう……。確か落ち葉はルースインペディメントのはず。でもバンカー内の場合は、取り除いていいんだっけ?
画像: 「ああ! ちょっと薄かったかも」

「ああ! ちょっと薄かったかも」

グリーンを狙ったセカンドショット。冬芝に負けて、しっかり打つことができなかったようで、ちょっと距離が短かったみたい……。「あ~、手前のバンカーに入っていないといいけれど!」

画像: 「あ~あ、やっぱりバンカーか!」

「あ~あ、やっぱりバンカーか!」

案の定、ボールはグリーン手前のバンカーにイン……。「ドンマイ、ドンマイ! 切り替えて次のショットでチップイン狙いましょう」。「そうね、凹んでなんていられないわ。前向きにいかなくっちゃ!」

画像: 「……って! ガガーーーン」

「……って! ガガーーーン」

「あら、葉っぱが……。う~ん、リカバリーしたい大事な1打だもの、ボールに落ち葉がかかっているこの状態で打ったら、ショットに影響しそうだわ」。

画像: 「これは取り除いてOKよね?」「ちょっと、待ったーーー!」

「これは取り除いてOKよね?」「ちょっと、待ったーーー!」

「待って! 確かに落ち葉はルースインペディメントだけど、ボールがハザード内にある場合は、ルースインペディメントに触ると2打罰になってしまうわ。気になるでしょうけど、そのまま打たなきゃダメよ!」

「落ち葉はルースインペディメントだから、ボールが動かなければいつでも取り除いていいはずよ。砂に触れるわけでもないから、砂質のチェックにはならないし。なんの問題もないと思うけど……」。

バンカー内におけるルースインペディメントに関する解釈、2人のうち正しいのはどちら?

  • ルースインペディメントだから取り除ける
  • ハザード内では取り除けない
  • ルースインペディメントだから取り除ける
    34
    50
  • ハザード内では取り除けない
    66
    98

落ち葉などのルースインペディメントは、それを取り除くことが球の動く原因にならなければ、無罰で取り除くことができる(規則23-1)。しかし球がハザード内にある場合、そのハザード内にあるか、またはそのハザードに触れているルースインペディメントに触れたり、動かすことは禁止されている(規則13-4/c)。

週刊ゴルフダイジェスト2018/1/30号「ゴルルとルール。」より(監修・小山混、写真・岡沢裕行)

This article is a sponsored article by
''.