「Choice」は1980年創刊の、ゴルフダイジェスト社発行の季刊誌。
他のゴルフ誌とは一線を画し、スコアだけに終わらない、
ゴルフの愉しみを追求する内容が支持され、今年で38年目を迎えている。

ゴルフの愉しみとは……
ギアをはじめとする「道具」
ゴルフのフィールドである「コース」
季節とスタイルに応じた「ウェア」
羊飼いの時代から現代までつながる「歴史」……

画像1: チョイス道楽
こだわりを持つ大人が「道具」を「楽しむ」

これらを流行にとらわれずに、自分自身の価値観で
良いものを「Choice」することを提案する、
それが「Choice」誌だ。

そんなChoiceが展開するのが「チョイス道楽」。

画像2: チョイス道楽
こだわりを持つ大人が「道具」を「楽しむ」

「チョイス道楽」とは、
ただ、いいスコアを求めてプレーするのではなく、
道具にもこだわりを持った、
文字通り「道具」を「楽しむ」ゴルファーに向けて、
展開するWEBショップ。

編集部がその道の巨匠、熟達した職人に依頼をして
「Choice」のためだけに制作してもらった、
巷では売っていない、良品、稀品、逸品が揃っている。

チョイス道楽 逸品その1 『山田パター』

画像: ゴルフ好きであるオバマ大統領が来日した際に贈られた、 MADE IN NIPPONのパター。 世界最小スコア「55」が達成されたときの使用パターでもある。 プロゴルファーでもある山田透氏が計算を重ね、 自らプログラミングしたミルドによって出来上がる1本。 話題となったその当時だけでなく、 「チョイス道楽」に登場するたびに即完売する、 人気と実力を兼ね備えた逸品。

ゴルフ好きであるオバマ大統領が来日した際に贈られた、
MADE IN NIPPONのパター。
世界最小スコア「55」が達成されたときの使用パターでもある。
プロゴルファーでもある山田透氏が計算を重ね、
自らプログラミングしたミルドによって出来上がる1本。
話題となったその当時だけでなく、
「チョイス道楽」に登場するたびに即完売する、
人気と実力を兼ね備えた逸品。

チョイス道楽 逸品その2『キャディバッグ』

画像: 日本にいまや3カ所しかないと言われているキャディバッグ工房。 そのうちの2つ、小山ゴルフバッグ製作所と孝英舎に 毎号、「チョイス道楽」が特別にオーダー。 特に好評なのが、14本フルセットを入れずに 自分が吟味して本当に必要な7~8本だけで回る 「レス イズ モア」のスタイルを謳う、 小ぶりのタイプのキャディバッグ。 帆布やツイードなど、他にはない天然素材を使った逸品だ。

日本にいまや3カ所しかないと言われているキャディバッグ工房。
そのうちの2つ、小山ゴルフバッグ製作所と孝英舎に
毎号、「チョイス道楽」が特別にオーダー。
特に好評なのが、14本フルセットを入れずに
自分が吟味して本当に必要な7~8本だけで回る
「レス イズ モア」のスタイルを謳う、
小ぶりのタイプのキャディバッグ。
帆布やツイードなど、他にはない天然素材を使った逸品だ。

チョイス道楽 逸品その3『江戸切子マーカー』

画像: 世界にここだけ、「チョイス道楽」にしか売っていない、 江戸切子のマーカー。 「こんなのがあったら素敵だな」と編集部が自ら欲しいと 思ったものを 実際に商品化している一例。 この道40年以上の職人がひとつひとつ 美しい模様を削り出している。 グラスなどと違ってマーカーは小さいので 熟達した腕をもってしても、カットする際に 手を切ってしまうこともあるという、 作るのにも非常に手間がかかっている。 クリスタルガラス製なのでポケットに入れておいても 欠けたりすることはない、という道具としての機能も秀逸。

世界にここだけ、「チョイス道楽」にしか売っていない、
江戸切子のマーカー。
「こんなのがあったら素敵だな」と編集部が自ら欲しいと
思ったものを
実際に商品化している一例。
この道40年以上の職人がひとつひとつ
美しい模様を削り出している。
グラスなどと違ってマーカーは小さいので
熟達した腕をもってしても、カットする際に
手を切ってしまうこともあるという、
作るのにも非常に手間がかかっている。
クリスタルガラス製なのでポケットに入れておいても
欠けたりすることはない、という道具としての機能も秀逸。

This article is a sponsored article by
''.