寒い日のラウンドは、体もカチコチで思うようなスウィングができなさそう。そういえばボールは温めると飛ぶ、って聞いたことを思い出し、手持ちの携帯カイロで温めてみたところ、同伴者から「ちょっと待って!」と物言いが……。「携帯品の使用」について、正しく理解していますか?
画像: 「今日の気温は5度だってー!」「どうりで寒いわけだわ」

「今日の気温は5度だってー!」「どうりで寒いわけだわ」

寒~い冬の日のラウンド。「今日は寒いわね~」。「ホント! 体もカチコチに固まってしまって、思うようなスウィングができないわ。あ~、これじゃあボールも飛ばなそうね……」。

画像: 「手の先まで寒くて、かじかんじゃった……」。

「手の先まで寒くて、かじかんじゃった……」。

「寒くてクラブをうまく握れないわ。携帯カイロで少しでも温めておこうっと。ん……?? そういえば、確かボールも温めると飛ぶっていう話があったわよね……」。

画像: スッ! 「あれ??」

スッ! 「あれ??」

「そうだ! ポケットにカイロとボールを入れてみようっと。こうしたら、少しでも飛ぶようになるかもしれないわ」。

画像: 「じゃあ、打つわね!」「待って! いま、ボールを温めてなかった??」

「じゃあ、打つわね!」「待って! いま、ボールを温めてなかった??」

「ちょっとボールを温めたくらいで飛距離が大きく変わるわけじゃないし。温かいほうが飛ぶ気がするという程度の話だから、とくに問題ないでしょ。それがダメならカイロで手を温めることだってダメなんじゃないの?」

「回路を入れていたポケットにたまたまボールを入れておいただけなら問題ないけれど、いまみたいに温める目的でカイロを使った場合は『携帯品の異常な使用』とみなされて2打罰になるのよ」。

さて、2人の主張のうち正しいのはどちら?

  • ボールを故意に温めてはダメ
  • 手を温めていいならボールも温めていい
  • ボールを故意に温めてはダメ
    68
    73
  • 手を温めていいならボールも温めていい
    32
    34

週刊ゴルフダイジェスト12/26号「ゴルルとルール。」より(監修・小山混、写真・岡沢裕行)

This article is a sponsored article by
''.