舞鶴自動車道・三田西IC、中国自動車道・ひょうご東条ICのいずれを利用しても、コースまでは約15分と良好なアクセスを誇る吉川ロイヤルゴルフクラブ。

丘陵コースだが、馬の背・片流れのフェアウェイや、グリーンがブラインドのホールもある変化に富んだデザインで14本のクラブをフルに活用し、あらゆるテクニックを駆使して慎重に攻めなければならない吉川ロイヤルゴルフクラブは、コースコンディションにも自信ありで、ホームページ上で日々のグリーンスピードや刈高、コース作業担当責任者によるコース作業報告が掲載されている。

距離のある吉川コースと正確性が要求される東条コース

距離のある吉川コース(9ホール・パー36)の最難関は5番パー5。レギュラーティで456ヤードと距離があるわけではないが、右サイドはグリーンまでOB。左サイドもセカンドショット以降はOBが続き、グリーンオンするまで神経を使う。

東条コース(9ホール・パー36)はさらに各ショットの正確性が求められる。なかでも6番パー4は、レギュラーティから401ヤードと距離が長いうえ、ティショットがブラインドでしかも左サイドは狭くなっている。加えて両サイドはずっとOBと、飛距離・方向性ともに試されるホールだ。

画像: 距離のある吉川コースと正確性が要求される東条コース

「プロテサン牛」を用いた自慢のメニュー

レストランでは、自慢のメニューが「プロテサン牛」。免疫力が高まり、生活習慣病の改善に効果を発揮する乳酸菌(FK-23菌)を食べて育った牛だ。乳酸菌効果により肉の旨味成分が増し、脂はしつこくなく、上品な甘みを持つ。和牛ハンバーグにメンチカツライス、ラーメン、肉うどん・そばなど、プロテサン牛を用いた自慢の逸品をぜひとも味わいたい。

画像: 「プロテサン牛」使用、和牛ハンバーグ

「プロテサン牛」使用、和牛ハンバーグ

画像: 「プロテサン牛」使用、メンチカツライス

「プロテサン牛」使用、メンチカツライス

画像: 木の温もりあふれるログハウスでのゆったり過ごす

木の温もりあふれるログハウスでのゆったり過ごす

また、吉川ロイヤルゴルフクラブは5棟のログハウスを装備。美しい自然に囲まれ、木の温もりあふれる癒しの空間で、気のおけない仲間や家族と、日々の喧騒とは無縁のひとときをゆったり過ごすのもいい。

吉川ロイヤルゴルフクラブ
〒673-1402 兵庫県加東市平木1310番地の1
TEL:0795-45-0550
JR福知山線・相野駅から車で25分
舞鶴自動車道・三田西ICから13km、約15分
中国自動車道・ひょうご東条ICから12km、約15分

This article is a sponsored article by
''.