大きく左へ逸れてしまったセカンドショット。落下地点に行ってみると、なんとか前に出せそうな様子。でも、ホッとしたのも束の間、打ったボールが木に当たって跳ね返り、同伴者にクリーンヒットしちゃった! こんなとき、どうしたらいいんだっけ?

画像: 「やばーい!」「ファーーーッ!」

「やばーい!」「ファーーーッ!」

フェアウェイからのセカンドショットが、大きく左へ曲がっちゃった! 「ファーーッ!」「あ~あ、大丈夫かしら……(泣)」

画像: 「よかった! ここからなら前に出せるわ」

「よかった! ここからなら前に出せるわ」

落下地点へ駆け寄ると、どうやらギリギリセーフ! 「隣のホールに行かなくてよかった! これなら、前に出せるわ。ヨーシ、行くわよ~」

画像: 「危ないわ!」 サッ! とよけたはいいけれど、ボールはまさかの方向へ

「危ないわ!」 サッ! とよけたはいいけれど、ボールはまさかの方向へ

「あっ!!」「カッコーン!」ボールが木に当たって跳ね返り、同伴者にクリーンヒットしちゃった。

画像: 「まさか当たるなんて……。ごめんね!」「あたたたた……」

「まさか当たるなんて……。ごめんね!」「あたたたた……」

「ごめんね、だ、大丈夫??」「あたたたた、でもこれってどうなるんだっけ?」

「ええと、ボールが偶然同伴競技者などの局外者に当たった場合は、たしかリプレースして無罰で打ち直しだったわよね。今度は木に当たらないように気をつけるけど、危ないから下がっていてね」

「ちょっと待って。たしかに局外者にボールが当たった場合はだれにも罰はないんだけれど、打ち直しはおかしいんじゃない? ボールが当たって落ちたところから“あるがまま”で打つのが正しいはずよ。今度はしっかり狙ってね!」

さて2人の見解、正しいのはどっち?

跳ね返った球が同伴者に当たった

  • ボールが止まったところから打つ

    プレーヤーの動いている球が局外者により偶然に方向を変えられたり、止められたりした場合は「ラブオブザグリーン」とみなされ、誰にも罰はなく、その球はあるがままの状態でプレーされなければならない。ただしグリーン上の場合は、そのストロークは取り消しになり、リプレースして再プレーとなる(規則19-1)。

  • リプレースして打ち直し

    プレーヤーの動いている球が局外者により偶然に方向を変えられたり、止められたりした場合は「ラブオブザグリーン」とみなされ、誰にも罰はなく、その球はあるがままの状態でプレーされなければならない。ただしグリーン上の場合は、そのストロークは取り消しになり、リプレースして再プレーとなる(規則19-1)。

  • ボールが止まったところから打つ
    87
    60
  • リプレースして打ち直し
    13
    9

週刊ゴルフダイジェスト8月1日号「ゴルルとルール。」より。(監修:小山混 写真/姉崎正)

This article is a sponsored article by
''.