東播磨のほぼ中心に位置する兵庫県小野市で1997年11月1日にオープン。富士OGMゴルフクラブ小野コースは今年、めでたく開場20周年を迎える。

ゴルフ界のレジェンド、アーノルド・パーマーがデザイン

コースデザインを担当したのはメジャー7勝の名プレーヤー、アーノルド・パーマー。自然の恵みを十分に活かし、美しくゆるやかに広がる丘陵地に東・西・中の3コース27ホールを展開する。

全体にフラットながら微妙なアンジュレーションが施されたフェアウェイと、絶妙なポジションに配置された池やバンカーが戦略性を高めている。

東コースの最難関ホールは391ヤードの5番パー4。左サイドにはグリーン手前まで大きく美しい池が広がり、ティショット、第2打ともに気が抜けない。

画像: 東コースのNo.5は最難関ホール

東コースのNo.5は最難関ホール

中コースでは171ヤードの3番パー3。やや打ち下ろしで、グリーンを囲む5つのガードバンカーがプレッシャーを与えてくる。方向性もさることながら、距離感の正確性が問われるホールだ。

西コースで印象に残るのは393ヤードの4番パー4。直角に近い左ドッグレッグで、ティショットの落としどころが悩ましいが、左サイドのバンカーと、右側前方に見える大きな松の木の間が狙い目。ロングヒッターはバンカー越えで、成功すれば残りは100ヤード前後とバーディチャンスが広がる。

画像: 開放感のあるエントランスホール

開放感のあるエントランスホール

プレー後は、露天風呂をはじめバスルーム・サウナも備えた浴室で1日の疲れをほぐしたい。なかでも、日本庭園をイメージした露天風呂は周囲の緑にやさしく溶け込み、落ち着いたやすらぎを感じさせてくれる。

富士OGMゴルフクラブ小野コース
〒675-1314 兵庫県小野市長尾町真谷835-15
TEL:0794-63-1811
神戸電鉄・小野駅から車で10分
山陽自動車道・三木小野ICから8.5km、10分

This article is a sponsored article by
''.