テクニック(技)、タクティクス(戦術)、ターゲティング(狙い)の「3つのT」と、ショートゲーム(小技)、ストラテジー(戦略)、そしてスウィングの「3つのS」。プロゴルファー・中井学がゴルフの上達に不可欠な「TS3」を軸にレッスン。2回目は「ショートゲーム」編。アマチュアが苦手なロングパットを攻略します!

ロングパットがなかなか寄らない。距離感が合わない。そんな悩みを抱えている方は多いと思います。なぜ、ロングパットが上手く寄せられないのでしょうか? 答えはズバリ、テークバックが小さすぎるからかもしれません。

レッスン記事ではよく「テークバックは小さいほうがいい」とか、「テークバックとフォローは5:5の比率が良い」といった内容が語られています。しかし、テークバックが小さいほうがいいのは、12フィートの速さのグリーンでプレーするプロの世界の話。平均9フィートの一般営業のグリーンでプレーするアマチュアの多くは、総じてテークバックが小さすぎるように思います。

画像: テークバックが小さいと、パンチが入ったり、体が開いたりしやすい

テークバックが小さいと、パンチが入ったり、体が開いたりしやすい

テークバックが小さいと、無意識のうちにパンチが入って大オーバーしたり、スウィングのリズムが悪くなり、打ち急いでミスヒットするなど、距離感が合いにくくなります。大きくテークバックを取り、惰性でヘッドを落とし、フォローはむしろ小さくして、フィニッシュでピタリと止まる。それがロングパットの距離感が合わせやすくなる、ストロークのイメージです。

画像: 大きくテークバックを取り、小さくピタリとフィニッシュを取る。これが寄るストローク

大きくテークバックを取り、小さくピタリとフィニッシュを取る。これが寄るストローク

もうひとつ、ワンポイントアドバイス。パッティング時は、ぜひ思い切って前傾角度を深くすることをお勧めします。どれくらいかといえば、たとえば背中にモノが乗るくらい。そして、それが落ちないように前傾角度をキープしたまま、肩甲骨を動かして振ると、ストロークが安定し、距離感が合いやすくなるはずです。前傾角度が浅いと、その分だけインサイドインの軌道が強くなり、打点が不安定になってしまいます。

画像: 前傾角度を深くして、肩甲骨を極力地面と平行に近づけた状態でストロークしよう

前傾角度を深くして、肩甲骨を極力地面と平行に近づけた状態でストロークしよう

パッティング時は前傾角度を思い切り深くして、肩甲骨を動かすようにストローク。その際、テークバックを意識的に大きく取るようにすると、苦手なロングパットも距離感を合わせやすくなるはずです。ぜひ、お試しください!

(撮影:小林司 取材協力:東名CC)

This article is a sponsored article by
''.